いじめっ子が風俗嬢になってた

全力投球のために

風俗では常に全力投球で楽しみたいって思っています。出し惜しみとか、何かを言い訳にして楽しまないのは勿体ないじゃないですか。それだけは控えたいんですよ。だってそういった時にこそ、一番勿体ないって感じてしまうものなんですよね。それよりは自分の思った通りの時間を満喫したいものじゃないですか。そのためには風俗ではあまり余計なことを考えず、全力投球するよう心掛けています。でも、そのためにはシチュエーションを整えることも大切ですね。次の日が仕事だと、やっぱり次の日のことを考えないで楽しむのは難しいじゃないですか。だから休前日にするとか。ちょっと工夫するだけでも自分の気持ちが変わるし、タイミングを上手く整えるだけでも全然違った気持ちになりますので、そういったアプローチくらいは自分で整えるべきですね。むしろそれらさえ整えれば、後は目の前の風俗嬢に全力投球出来るので、満足出来る時間が約束されていると言っても良いでしょう。

遊んでいいシチュエーションで遊ぶ

言うまでもなく、風俗で遊ぶのは自己責任なんです。何買ってからでは遅いじゃないですか。だから何も起きないなっていう確証がある時にのみ遊ぶようにしています。本音を言えばいつでも楽しみたいものですし、少し余裕のある時にはすぐにでも風俗に駆け込みたい気持ちもありますけど、仕事が控えていたり、あるいはちょっと気が抜けないような状況の時には風俗は控えるようにしているんです。そうじゃないと勿体ないじゃないですか。こちらの気持ちがどのような状態であれ、風俗で支払うお金は同じなんです。散漫な気持ちで快感に集中出来ず、後悔してしまうような展開で会ってもとっても楽しいなって思えるような展開であっても支払うお金は同じである以上、出はどちらの方が良いのかっていったらわざわざ説明するまでもないんじゃないですかね。だから風俗で楽しむ時には、自分自身で遊んでも大丈夫だよなと思えるシチュエーションで楽しむようにしているんです。